保険適用となるケガの治療

保険適用の症状

保険適用となるのは、急性または亜急性で外傷性の骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れ等です。患者様ご自身では保険適用かどうかの判断が難しい場合もありますので、まずはお問い合わせ下さい。

<寝違え>

起きたときに首に痛みを感じる「寝違え」の症状。原因が明確な症状に対しては保険を使用して治療が出来ます。寝違えの症状に対しては、湿布薬などで対処する方が多く、たいてい症状が悪化してから来院されるケースが目立ちます。痛みが長引いてしまいますので、痛みを感じたらすぐ治療することをお勧めいたします。

 

<ぎっくり腰>

重いものを持ち上げたときや、急に椅子から立ち上がったときになりやすい「ぎっくり腰」の症状。運動不足で普段から身体を動かしていない方は特に、筋肉が硬直しやすい状態になっており、症状を引き起こしやすくなります。腰は身体の要となるため、症状を長引かせてしまうと普段の生活に支障が出てしまいます。くれぐれもマッサージ店などの慰安店舗で施術することなく、治療院で正しい治療を受けましょう。ぎっくり腰も保険が適用できます。

治療方法

問診・触診・視診等からケガの状態を判断し、手技療法・物理療法・カイロプラクティックから最適な治療法を提供いたします。
また、ケガの部位に合った整形外科や医療機関との連携を取りながらの治療も行っています。整形外科で薬等を処方してもらいながら、当院での施術を受けている患者様も多くいらっしゃいます。患者様が抱える痛みを根本から治し、結果を出す治療を心がけております。

スポーツ外傷

スポーツ外傷

スポーツによる外傷(骨折・脱臼・捻挫など)の中で、ご相談が多いのは足関節捻挫です。足関節捻挫のほとんどは、足関節を内側に捻ることで生じます。スポーツをしている方の中では、しばしば症状を繰り返してしまう方も多いようです。足関節が捻挫すると、足関節外側の靭帯が損傷します。そして、外くるぶしの前や下に痛みを生じるようになり、時に腫れることもあります。外くるぶしの前や下を押さえると、痛みが生じるのが特徴的です。

外傷は「固定して安静にする」のが良いとされていますが、スポーツに励む方々は「練習を休みたくない」「試合に出たい」という気持ちも強いと思います。早期回復を目指して治療は行いますが、可能な範囲でそのような要望を受け入れられるように最大限サポートさせて頂きます。

スポーツ外傷の治療方針と病院での診断名

<当院での治療方針>

一般的な治療は、患部に高周波を流し、超音波を放射することで、軟部組織の損傷した部分の早期回復を促します。
それでも徐々にしか軽減しない、またはもっと早く治癒させたいときは、アキュスコープ、マイオパルスを組み合わせて治療をします。

 

<病院での診断名がこのような場合>

捻挫(ねんざ)や靭帯(じん帯)損傷 

 ※部位別の呼び名は、このような名称の診断です。

 足関節捻挫、膝関節捻挫(内側々副靭帯損傷、外側々副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷)、股関節捻挫、腰椎捻挫、頚椎捻挫、胸椎捻挫、肩関節捻挫、肘関節捻挫、手関節捻挫、指関節捻挫、突き指 等 

 打撲(うち身 

 ※部位別の呼び名は、このような名称の診断です。

 肩部打撲、上腕部打撲、肘打撲、前腕部打撲、背部打撲、腰部打撲、臀部打撲、大腿部打撲、膝部打撲、下腿部打撲、足の甲打撲 等

挫傷(肉離れ)

 ※部位別の呼び名は、このような名称の診断です。

 背部挫傷、上腕部挫傷、前腕部挫傷、大腿部挫傷(ハムストリング筋肉離れ)下腿筋挫傷(ふくらはぎ肉離れ)

骨折

脱臼

 

※骨折、脱臼は医師の同意が必要です。ただし、応急処置は可能です

スポーツ障害・慢性症状

スポーツ障害

スポーツ障害とは、筋肉・関節の使いすぎが原因で起こる痛みのことを言います。オーバーユーズにより、疲労骨折を引き起こす方が多いです。

トレーニングを行う際に、関節・骨などに負荷をかけトレーニングをされる方は、同じ動作の繰り返しが痛みの原因となります。負荷をかけた部位に炎症が生じて、やがて痛みを感じるようになります。

小中高校生のご利用が多い当院では、野球肘・野球肩・テニス肘などの症例が多いです。成長期のお子さんをもつ親御さんからは、脚の痛み(シンスプリントやオスグッドのような症状)もよくご相談を受けます。どちらの症状も、無理をしてしまうお子さんが非常に多く、親御さんのサポートが欠かせません。1人で悩むことはせず、早めに当院へご相談下さい。

 

※スポーツ障害の治療は「保険適用外」となります。

スポーツ障害の治療方針と病院での診断名

 

 <当院での治療方針>

一般的な治療は、患部に高周波を流し、超音波を放射することで、軟部組織の損傷した部分の早期回復を促します。
それでも徐々にしか軽減しない、またはもっと早く治癒させたいときは、アキュスコープ、マイオパルスを組み合わせて治療をします。

 

<病院での診断名がこのような場合>

野球肩(腱板損傷を含む)

・野球肘

・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

・ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

・ジャンパー膝

・腸脛靭帯炎

・鵞足炎

・オスグット病(成長痛)

・シンスプリント

・アキレス腱炎

・足底筋膜炎

・偏平足

・踵骨炎

・踵骨骨端炎

・外径骨痛

・その他の障害

 

 

 

 

 






施術費用のご案内

保険内一部負担金

1割負担 初診 240円~/再診 90円~/後療 60円~
2割負担 初診 470円~/再診 190円~/後療 120円~
3割負担 初診 710円~/再診 280円~/後療 180円~

※再診とは2回目の通院、後療とは3回目以降の通院です。

お問い合わせはこちら

  • footer_tel.png
  • メールでのお問い合わせはこちら